通夜の受付で記帳する

通夜の受付で記帳する

通夜の受付で記帳する

通夜の受付で記帳する

通夜に関しての最新お得情報はこちら!サービスの活用や、新しい商品など快適な毎日をサポートする情報をご提供します。
先日、友人の告別式に参列をしてまいりました。沢山の人が参列した通夜を見て、友人が愛されていたということを感じました。また、参列した人みなさまがちゃんとした礼儀や服装だったので、私自身も告別式に関するマナーを事前に知っておいて良かったと考えています。葬式の時に祭壇に供えるものには、お花や菓子、フルーツ等が挙げられます。式に参加出来ない方から送られてくるもの等色々です。これらのものを送る場合には、会場のスペースに不釣り合いなものを送っては逆に迷惑になることもありますから、関係者への確認をおすすめします。よくありがちな失態として、電話で追悼の言葉を言う方がいらっしゃいます。これは大きな失態になります。ご遺族の方々は、一番大変な時間ですので、いくら故人と仲が良くても、電話で伝えるのはやめましょう。

転職先の通夜の業者も一応調べておく

転職先の通夜の業者も一応調べておく

私達は友人の告別式などに参加する機会が、年を増すごとにつれ増えていきます。これについては突発的なことなので、どうしても事前の準備が困難なものです。通夜のことについて、時間があるときに少しでも準備をしておくと良いと思います。身だしなみやメイク、ジュエリーの礼儀を心得ておくことも大事ですが、ご香典のことについてもきっちりとおさえておくようにしましょう。ご香典を入れる袋の表書きやのし袋自体も宗教によって異なるため、亡くなった人の宗教が不明場合は、一般的な御霊前と書いたものを使用するようにしましょう。日本では、厚生労働省が認定する、葬祭ディレクターという資格があります。葬儀業界で働く方の技術や技能レベルを認定するもので、絶対に必須な資格ではないですが、弔事の準備に追われる遺族にとっては、心強い味方になってくれます。

初心者に優しい通夜のフォロー

お葬式というものは突然やってくるものです。ですから、参列する常識など、通夜のことについて日頃から準備をするとよいと本には書かれています。特に周囲の年齢が高齢になるほど、いやおうなしに葬式に参列することが増えるものです。告別式は、亡くなった人との別れを偲ぶ悲しい場所です。そのため、華やかな身だしなみはやめ、喪服やブラックフォーマル等の地味な身だしなみで参加するのが常識です。女性の場合は、お化粧はあまり派手にせず、目立つ色のリップグロスも避けましょう。また、結婚指輪や真珠以外の宝石は使用を控えましょう。告別式に不祝儀袋を持って行く際は、必ず袱紗に包んで、袱紗が無い場合、白やブラックのハンカチで代替します。告別式では、地味な色の袱紗を使用します。紫色の袱紗であれば、慶弔両用使用でき便利です。なお、袱紗は弔事と慶事で包む方法が違います。

参考通夜情報